カキとビワ

今年は「うわじまパールカップ」ヨットレースを3年ぶりに開催しました。本来であればレース後の盛大なアフターパーティーで盛り上がるのですが、やはり昨今の事情を考慮すると大人数での飲食はまだ控えておいた方がいいだろうとの判断となりました。アフターパーティーではこの時季旬を迎える地元の岩ガキを大量にふるまいまうのですが、今年もそれができませんで…

続きを読むread more

タッチアップ補修

ちょっとしたこだわりですが「ホワイトホーク」のティラーは真っ赤に塗装しています。YAMAHA31Sという艇種は日本国内にゴロゴロとあり、レースに出場しても同型艇が4~5隻ということも珍しくありません。また、この艇種のティラーはアルミの角パイプが電食し、現存艇のほとんどが必ずと言っていいほど不具合を抱えています。幸い我が艇ではその兆候を早…

続きを読むread more

赤い靴を履いて

うわじまパールカップが終わって1週間。ゴールデンウイークも半分は仕事に出ていました。休日の日は レースで濡れたセイルやロープの塩出しをして乾燥したり、船内を片付けたりしていました。こどもの日には家族でお出かけし、ちょっと観光をしたりお買い物をしたり。ショッピングモールに行くのも久しぶりです。うろうろしているとヨット用のシューズが欲しくな…

続きを読むread more

復活!!うわじまパールカップ2022

2年間中止を余儀なくされていた「うわじまパールカップ」ですが、3年ぶりに開催することになりました。まだコロナ感染状況は収束しておらず、引き続き感染拡大防止対策をしながら大会運営を実施することになります。今回はパールカップ名物のアフターパーティーは行わず、例年より参加艇数も制限し規模を縮小することにしました。この時季は気候が安定せず、次々…

続きを読むread more

ヨットレース写真

5月1日(日)に開催された「うわじまパールカップ2022」のフォトアルバムが公開されました。 パールカップ実行委員会フォトアルバム これらの写真は本部船スタッフのトーヤ先生とサエちゃんが波をかぶりながら撮影してくれたものです。もちろん、本部船運営の仕事がメインなのですべてを撮影できているわけではありませんが、本部船ならではの良いアン…

続きを読むread more

レース前の儀式

今度の日曜日は今シーズンの初戦です。まだ安心はできませんが、やっとヨットレースも再開できるようになりました。2週間前にドックで上架し、船底コンデションは良い状態。ドックから帰って船内を片付け、レーシング仕様にモードチェンジしています。この時季は天候が安定しないので、早めにレースの準備をしておいて正解でした。休みの日は雨ばかり・・・船内で…

続きを読むread more

船体ワックスがけ

船底塗装が終わり、時間に余裕があればハルのワックスがけが恒例。1年に1度のドック作業ですから、浮上中にできないことをやっておきたい。でも、3/4やったところでヤード側の都合により早めに作業を終了することになりました。中途半端だけどしょうがないね。ハル磨きは少し残りましたが、船底はバッチリ化粧直しできました。しばらくは気持ちよく走れること…

続きを読むread more

家族総出のドック作業

一年ぶりのドック整備です。新年度になって環境が変わり、なかなか時間が取れなくなりました。手伝ってくれる人手もないし、週末で効率よく作業をしなければ間に合いません。金曜日に上架し、月夜休みの漁師さんが頑張って一人で下地処理をしてくれました。2日目の土曜日は朝から私一人でキールの補修とフェアリング。パテを盛って研磨して、トップコートを塗って…

続きを読むread more

ヨットの日

4月10日はヨットの日でした。穏やかな春の一日、ヨットを出しますかね。オッサン2人と子供3人でミニクルージング。 小さな男の子たちは前日に新しい釣り竿を買ってもらったそうです。釣り船が集まる瀬の上に船を止めてやってみよう!!釣れるかな?カサゴが一匹釣れました。場所をポンツーンに移して、子供達のお母さんも合流。ファミリーでのんびり釣りを…

続きを読むread more

シーズン前、エンジン点検整備

昨年からエンジンのオイル漏れが気になっていました。オイル漏れというほどでもなく、シリンダヘッドのボンネットから若干オイルが滲む程度。ティッシュで軽く拭き取れるぐらいなので気にしない人は全く気にならないと思います。ガスケットを新替すれば解決する問題なのだけど、YAMAHA31Sのエンジンは上部の空間がなくて整備がやりにくい。前面と側面には…

続きを読むread more